3388063
*相談窓口*

たまごは完全栄養食ースーパーフードー

クセ毛美容師

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

2人の購読者に加わりましょう

【美肌に効果的な食べる美容液*オメガ3脂肪酸が豊富*亜麻仁油には抗酸化作用も】

りょーこ
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥

 

こんにちは♥たまご美容師です(@ryoocosato)

油というと太る・コレステロールが増えるなどマイナスなイメージがありますがそれは過去のこと。
最近では良い油を摂ることは健康やダイエット・アンチエイジングにいいと、オイルブームですね(/・ω・)/

その中でも必須脂肪酸オメガ3を豊富に含んでいることで人気なのが植物油の亜麻仁油です。 ですが、苦い、青臭い、生臭いなどと酷評されることがあり癖のある味です。

 

でも、私は亜麻仁油が大好き♥CRUDIGNO(クラディグノ) がおすすめです(/・ω・)/
遮光瓶じゃないやつはだめだよー!!

たまご美容師りょーこ

 

 

1 食べる美容液亜麻仁油*オメガ3脂肪酸とは

 

オメガ3脂肪酸の中で代表的な脂肪酸はα-リノレン酸です。
人の体内でつくることができない必須脂肪酸のひとつで、食べ物から摂取する必要があります。

α-リノレン酸は体内に入ったあと代謝されEPA・DHAになります。

 

植物性の油

インカインチ油やえごま油、亜麻仁油など。

動物性の油

鯖やいわしなどの青魚。
青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)もオメガ3系脂肪酸です。

 

脂ののったお魚を食べると、最初からEPA・DHAを摂取できるよ(/・ω・)/

生のお刺身がベストだけど、特にサバやいわしがおすすめ★塩煮の缶詰を食べよー!常備しよー!(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

2 亜麻仁油の美容効果

 

亜麻仁油は食べる美容液です。
高価な美容液をお肌にペタペタ塗るよりも、亜麻仁油を食事に取り入れる方がおすすめです。美肌も美髪も食から(/・ω・)/

 

①血流の改善は美肌につながる

 

α‐リノレン酸から作られるEPAは血栓が作られるのを防ぐため、血管が詰まるのを防ぎ、血流を良くします。
血流が良くなると健康面(脳卒中や心筋梗塞を起こしにくする)のほか、美容面でも肌の新陳代謝を良くし、肌に透明感が出ます。

そしてむくみも改善されたり良いいことづくめ(/・ω・)/
オメガ3脂肪酸で作られた細胞膜はしなやかな動きをするためキメ細かい美しい肌になるのです。

②抗酸化作用

 

抗酸化作用はアンチエイジングには必要不可欠!!

釘が酸化して茶色く錆びるようにリンゴが酸化して茶色く変色して腐るように、人間の身体も知らず知らずのうちにも酸化します。
カラダが酸化するとシミやシワ、肌あれなどの肌トラブルが起こったり、生活習慣病やがんの引き金になったりと健康面や美容面のさまざまなトラブルの原因になると言われています。

 

酸化とは

身体が錆びて劣化すること。

身体が老化するということ。

 

 

抗酸化とは

身体の酸化を抑えること。

身体の劣化、老化を遅らせるということ。

 

 

酸化や糖化を防ぎつつ、抗酸化作用のある食事を心がけることがアンチエイジングの最大の秘訣!!身体の素材となるものや抗酸化作用のある食材選びをしよう(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

 

3 亜麻仁油の健康効果

 

脳の活性化、血栓予防、中性脂肪の抑制、動脈硬化予防、アレルギー症状の緩和、アトピーの治療、生理痛の緩和、など様々な効果が期待できます!

 

①脳の活性化

 

青魚を食べると、頭がよくなると言いますよね(/・ω・)/これはDHAのおかげです。
体内でDHAに変化するオメガ3脂肪酸でも、同じ効果が得られます。
 

そう亜麻仁油に含まれているオメガ3脂肪酸一つα‐リノレン酸から代謝されるんでしたよね(/・ω・)
記憶力に不安のある人におすすめです!!私も不安(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

②アレルギーの緩和

 

オメガ6を摂り過ぎると、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。オメガ3脂肪酸は症状を緩和する作用があると言われてます。

オメガ6に限らず粗悪な油やショートニングなど、カラダに必要のないものはなるべく避けたいですね(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

美容師の手荒れも、根本的に食事を変えたらいい方向にいくのになー!っていつも感じます。
でも、正直自分で学んで実践する気のない人には無理ゲーですね・・

 

 

4 良質な亜麻仁油の選び方

 

色んなメーカーさんが出していますが、おすすめはなるべく以下の条件をクリアしているものを選ぶこと。

 

コールドプレス(低温圧搾)されているもの。

未精製のもの。
遮光瓶に入っているもの。
有機JAS認定があるもの。

 

①コールドプレス製法(低温圧搾)で抽出された亜麻仁油を選ぶ。

 

一般的な食用オイルは高温(最大200℃)で種子を膨張させるためトランス脂肪酸が発生します。

さまざまな化学溶剤を使い抽出するためビタミンE(若返りの抗酸化ビタミン)などの栄養素も減少するので美容にも健康にも好ましくないです。

 

② 未精製の亜麻仁油を選ぶ。

 

圧搾後に脱酸・脱色・脱ロウ・脱臭・精製などを行う亜麻仁油と、圧搾後に未精製の亜麻仁油があります。
同じ原料の亜麻仁種子であっても、たとえ同じコールドプレス製法で抽出されていたとしても出来上がった亜麻仁油の栄養成分が同じわけがありません。

精製された亜麻仁油は味が薄く匂いもなく色がほぼ透明。食べやすさが重視されてしまい栄養素をないがしろにされている可能性があります。

 

③酸化しにくい遮光瓶に入っている亜麻仁油を選ぶ。

 

酸化するとせっかくの味や風味が損なわれ、品質も悪くなり健康効果も失われてしまいす。

光の影響を受けない黒やモスグリーンなど、色のついた遮光瓶や、ペットボトルでも高密度ポリエチレンや二重構造になっているものがおすすめです。

 

 

④オーガニック!有機JAS認定がある亜麻仁油を選ぶ。

 

日本はまだまだオーガニック後進国ですが安心な食品を選ぶひとつの基準として一部で人気です。見分ける方法として農林水産省が定めたものが有機JAS(日本農林規格)認定です。

農薬や肥料などの化学物質に頼らずに、自然に生産された食品などに有機JASマークがつけられます。輸入品でも、この基準にかなったものにはつけられています。

生産の段階から厳しい安全基準の中にあるため、購入する方にとって安心な製品と言えます!

 

健康のために食に取り入れるのに栄養が少なければその意味がなくなってしまいます!イメージだけじゃなく、ちゃんと本質を知ること!
そして開封したら冷蔵庫に保管しましょう!新鮮なうちに使い切れるサイズのものを選び、開封後はお早めに(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

⇩♥おすすめの優秀亜麻仁油♥⇩

 

5 亜麻仁油のおすすめの食べ方

 

亜麻仁油は熱に弱く酸化しやすい油なので火を使わない食材におすすめです!

炒め物に使用するなどの加熱料理に使用することはおすすめできません。せっかくの亜麻仁油の栄養成分が台無しになってしまいます。

 

*納豆と和える。
(醤油との相性抜群です♥)

 

*サラダやカルパッチョのドレッシングとして使う。
(お塩と亜麻仁油だけでも十分美味しくいただけますが
ドレッシングにするならお酢と胡椒を入れてもgood♥)

 

*冷製スープにかける。
(熱に弱いので冷たいスープがおすすめです♥暖かいものでもすぐに食べればOK♥)

 

 

6 まとめ

 

いかがでしたか?

一概に良い油と言ってもイメージでなんとなく選びがちですよね!
悪い油を排除して良い油を食に取り入れているだけでアンチエイジングに(/・ω・)/

あと、もちろんたんぱく質が一番大事です!食事で足りない分はプロテイン飲みましょー!!!

 

では、今宵はこのへんで。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クセ毛美容師 , 2018 All Rights Reserved.