3388063
*相談窓口*

たまごは完全栄養食ースーパーフードー

たまごの教科書

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

1人の購読者に加わりましょう

たまごの教科書をはじめた理由|「美容のための食事改善」の効果を伝えたいから

りょーこ
WRITER
 
たまごの教科書|美容のための食事改善







この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥

 

こんにちは♥*たまごで美肌研究師*りょーこです(@ryoocosato)

たまごを食べれば、見た目も変わる。

私の本業は美容師です。仕事柄、日々選ぶ食事は『短時間で食べられるパンか、おにぎり』や『粗悪なお菓子』ばかり。そんな、美容師人生を送ってきました。
精製された糖質と、酸化した油を摂取しながら、生きてきたと言っても、過言ではないと思います(笑)

日々、口にしているものの『中身』『原材料』『栄養成分』なんて気にしたこともなく、ストイックでもなんでもなかった私が、食事を変えると、見た目が変わるんだと、自分の経験から知りました
食事を見直し、たまごやたんぱく質を多めに摂り入れることによって、大きく人生が変わったのです。

その経験を、『いろんなひとに発信したい』『身近なひとだけではなく、本当に必要としているひとに届けたい』と思ったのが、一番はじめのキッカケです

 

 

目次の内容をクリックすると、読みたい内容にスキップできます(/・ω・)/

りょーこ

 

1 たまごで美容をはじめた|美肌と美髪に変化~食生活が変わった大きな転機とは~

 

私はほんの3年前まで、食事なんて気を付けたことはありませんでした。
食べたいものを食べる。お腹が空いたから食べる。なんとなく選んで、なんとなく食べる。そんな日々。

その当時の私は、毎日のようにお酒を飲んでいたし、3度の食事もおにぎりか、パンばかり食べていました。
今のように、食や栄養に対する知識は皆無で、『おなかいっぱいにさえなればいい』と思っていたし、毎日『なんとなく』食べていたのです

 

そんな私がなぜ、今のように、食を大事に考えるようになったのか?をお話していきたいと思います(/・ω・)/

りょーこ

毎日のご飯を『なんとなく食べている方』におすすめの本です(/・ω・)/⇩
『食』との向き合い方に、改めてハッとさせられますよ。

 

①キッカケの出会い*たまごをオススメしてくれたお客様の存在

 

2015年の5月、何気なくお客様のKさんと話していた時のことです。

 

年々、体重が増加していくので、痩せたいです(/・ω・)/

りょーこ

たまごいいですよ~!1日に何個も食べてもいいんですよ~!

Kさん

(このアイコンは目玉のおやじではなく、たまごです)

 

ええ?ダイエットにたまご?それは初耳です(/・ω・)/

りょーこ

運動指導者の森拓郎さんの本がおすすめですよ~!1日にたまごを何個も食べてもいいと書いてあります!

Kさん

 

森拓郎さんですねφ(`д´)メモメモ…

たまご美容師りょーこ

 

そして、早速、その日のうちにポチッたのがこちらの本でした

さんまの表紙が目を引きますね♥(鰯かも)

 

②キッカケの出会い*運動指導者『森拓郎さん』の著書

 

『味覚を変えればやせられる』を読了し、一番はじめにまずしたことは、調味料を捨てました!!
なぜならば、森さんの本を読んで、気づいてしまったのです。私が何気なく選んで使っている家にある調味料は『バーチャル調味料』だと!!!
でも、もう、必然的に、捨てるしかなかったのです(笑)

 

『たまごをすすめられた』という流れだったはずなのに、いつのまにか『調味料を捨てる』という話になっていて、ついてこれない方もいるとは思います。

 

しかし、長年の食習慣で狂ってしまった味覚を正すためには、大局的な視点で見たら『たまごを積極的に摂り入れていくこと』『バーチャル調味料を捨て、本物の調味料に買い替える』ということは、ちゃんと繋がっているのです。

 

定期的に、たまごの教科書を熟読していただければ、お分かりいただけるかと思います(/・ω・)/

りょーこ

 

③味覚が乱れる原因*森拓郎さんが説く『バーシャル調味料』とは

 

さて、バーチャル調味料とは何でしょうか
少し説明しますね。

『味覚を変えればやせられる』は目次を読むだけでも、衝撃的なことがたくさん書いてあります。
例えば、醤油、みりん、料理酒のニセ物に注意
本物の醤油・みりん・日本酒の原材料とは

醤油『丸大豆・小麦・食塩のみ』
本みりん『もち米・米こうじ・醸造アルコール・糖類のみ』
料理酒『純米料理酒‐米、米こうじ、食塩のみ』『醸造料理酒‐米・米こうじ・醸造アルコールのみ』

 

バーチャル調味料の原材料とは

醤油風調味料『丸大豆から油を取った後の搾りかす(脱脂加工大豆)、アミノ酸液、果糖ぶどう糖液糖、グルタミン酸ナトリウムなどの食品添加物など』

みりん風調味料『糖類(水飴、果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、発酵調味料、醸造酢、食塩、酵母エキスなど』

合成された日本酒『醸造調味料(米、醸造アルコール、食塩、米こうじ)、アルコール、水飴、食塩、クエン酸など』

 

こうやって見比べると、本物の調味料の材料はシンプルなのに対し、バーチャル調味料はとても複雑で、食品添加物がたくさん使われていることがわかると思います。
まずは、このバーチャル調味料に舌が脳が騙されていること、味覚が乱れていることを自覚することが大事なのです

身近な食品に隠れた『ウソ』を、森さんは『著書』や『SNS』で、説いてくださっています!!!

 

目から鱗が落ちる情報ばかりなので、一読の価値ありですよー(/・ω・)/

りょーこ

 

 

2 食事改善による大きな変化|見た目が変わった!(写真アリ)

 

ビールとポテトを両手に持っている34歳の私と、赤んぼを抱いている35歳の私。

 

(/・ω・)/きゃー!!!!!!載せたくないーー!!!!!!!!

・・眼鏡をしているから、変化が少しわかりにくいのですが・・この写真(左)を見た時に、劣化したー!と衝撃を受けたのです(/・ω・)/
まず、目の下のたるみ・・。特に、左目の下が二重にたるんでいる・・そして、ほうれい線・・こんなの晒して、死にたい(笑)

 

是非、こちらも合わせて読んでみてください(/・ω・)/⇩♥

 

3 『たまごの教科書』をはじめた理由|食事改善の効果を必要としている人に伝えながら自分も学ぶ

 

理由その①・たまごトークが仕事に繋がった実感があった

 

本やSNSから得た知識を、自分の生活習慣に取り入れ見直したことにより、自分の見た目や、体調の変化を感じたので、お客様にも、食事改善のアドバイスや、栄養の話をすることが多くなりました。
育毛トニックや育毛シャンプー、その他ヘアケア商品もちろん大事ですが、食はもっと大事です

薄毛や白髪、肌のシワやシミ、たるみが気になるのであれば、最優先にすべきは、では食事改善なので、白髪がどうしても気になる方にも、ヘアカラーと並行しながら食の見直し、特にたまごを、おすすめしています。

興味のない方が圧倒的に多いのですが、私と同年代の方は加齢に伴った悩みはありますから、食やたまごの話で盛り上がることも少なくもなく、趣味・ライフワークにしていたことが仕事に繋がっている実感がありました

そういう瞬間は、ほんとにテンションが上がって嬉しくて、幸せな気持ちになるのです。

私が働く小さな環境の中でも、少なからず需要があるのなら、もっともっと多くの方に伝えたいことがあります。どうしても、美容室という小さな箱の中だけでは、限界があります。自分にできることはなんだろう?とずっと考えていました。

 

自分のブログを持つことで、もっと色んなひとに届けられるのでは?とある時思い立ち、たまごの教科書がスタートしたのです(/・ω・)/

りょーこ

元々、無料ブログをやっていたし、言葉を綴ることが好きなため、全く抵抗感がなくスタートできました。

 

 

理由その②・食事改善の大切さを沢山のひとに伝えたい

 

食の話題を出したときの反応ベスト3
❶位・・『無関心』(90%以上はこの反応)

❷位・・『ストイックですね・・!!』『何目指してるの?』と問われる。

↑これは筋トレ界隈の方たちもよく言われるやつ・・

❸位・・興味津々(1位と2位から大差ありまくりの果てしなく最下位(*´Д`))

 

❶位と❷位の反応の方にはそれ以上掘り下げた話はしません。何故なら、その方にとって私の栄養トークは必要ではないからです。

食を一から見直すとなると、『そんなことできない』『めんどくさい』と言われます(/・ω・)/
言われなかったとしても、栄養の観点からのアドバイスは華麗にスルーされがち。

もう、雰囲気でもうわかるので、興味のなさそうな方からは早々に撤退するようにしてます(/・ω・)/
興味のない分野の話で、なんとなく意識の高そうな人の話ほどウザいものはないですからね。

私、意識高くないんですけどね・・!!

 

あと、若い人に言われがちなのが『高い』ですね・・。プロテインとかサプリとか、生活費以外のお金を捻出するのが難しいと。

私も、極貧アシスタント時代は、ごはんを食べるので精一杯だったのでよくわかる・・!!
個人差もあるし・・正解があるわけではないので、自分の経験や体感をもとに、日々試行錯誤することが必要です。ですので、それが出来ないひとには、向かない分野なので余計に難しいのです・・。

私はストイックではないし、とてもだらしのない人間です。何も目指してません 笑。

ただひとつ言えるのは、自分の劣化にショックを受けて、習慣が変わった、それだけなのです。

 

 

理由その③・食や栄養の知識を必要としてくれる人に出会いたい

 

加齢による白髪の増加や薄毛など・・、年齢を重ねてくると個人差はあるものの、髪や肌の衰えの悩みは誰しもあると思います。

(私は薄毛に怯えてます(*´Д`))

 

その、誰しも抱える白髪や薄毛などの要因・原因は、もちろん加齢や遺伝によるものももちろんあるでしょう

しかし、栄養不足や糖化・酸化ストレスなどもひとつの原因かもしれないよ・・!!と世の中に発信していきたいのです。

加齢とともに、何か改善しなくてはいけないのはわかっている。
でも、何から取り組むべきなのかわからない・・と、切実に悩んでいる・・、そんな方たちに、私が本当に伝えたい層のひとに出会いたいです。

りょーこ

 

 

理由その④・知識をアウトプットすることで、自分の学びになる

 

仕事柄、教えることは学びになるということ、インプットした情報を自分なりに咀嚼しアウトプットすることは、自分の知識となり身となると経験として知っています。

得た知識を教えたり、SNSなどのネットで発信(アウトプット)すると、受け売りだった知識が自分のものになったと、感じたことはありませんか?

ネットに限った話ではなく、大事なことをちゃんと届けたいときは、メールの文章を打つ時でさえ、『どう書いたらちゃんと相手に伝わるか?』『わかりやすく書けているかな?』と、何度も読み返します。
言葉足らずで中途半端な文章だと、誤解を生んでしまうこともあるからです。

特に、私のように特化ブログを目指している場合、曖昧な知識のままでは、一歩間違えると信用も失うので・・、真剣に、真面目に、学ぶことと向き合います。
対相手がいるからこそ、より理解が深まり疑問も生まれ、自分の身になる。教えるということは間違いなく学びになります。

人に伝えられない、教えられない段階なのであれば学んだ!勉強した!というただの自己満で終わるだけで、自分のものになっていない証拠だなと・・痛感することが多々あります。

本を読むだけ読んで、『読んだつもり』になって何も変わってないのに満足していたり。ありますよね?(自戒を込めて)

 

食や栄養に、特にたまごに詳しい美容師として、何を聞かれても答えられるようになりたい。
まだまだ未熟な私の知識を、日々ブログを書くことで研鑽を積んでいきたいです。

りょーこ

 

4 『たまごの教科書』をはじめた理由|『現代版の栄養失調』と『たまごはスーパーフード』を周知したい

 

現代人の食事は、大きく糖質に偏っていて、更に、粗悪な脂質を摂り過ぎています。そして、ビタミン・ミネラルなどの必須栄養素が足りていません。
糖質はエネルギーにはなりますが、カラダの素材にはなりませんし、粗悪な酸化したアブラは過酸化脂質となり、カラダを老けさせます。過剰な糖質摂取による細胞の糖化も同様です

 

こういった話をすると、結構、ぼかーんとされてしまうのですが、現代版栄養失調はとても深刻です

 

現代版栄養失調とは

糖質過多✖カロリー過多✖たんぱく質・ビタミン・ミネラル不足のこと。

無意識になんとなく選び、なんとなく食べていると、カラダの素材であるたんぱく質がほとんど摂れていません。ビタミン・ミネラルも同様です。そして、カラダの素材になりえない『糖質』と、粗悪な脂質も過剰なため、無自覚のまま糖化や酸化の害を受けているのです

栄養を適切に摂れていないことがもちろん問題なのですが、ほとんどのひとがこういった食事をしているから、特に疑問にも思わず『栄養不足に対して、無自覚』ということが一番の問題なのです

身近なところに老いを加速させる罠は潜んでいます。それらに抗う方法をお伝えしていければと考えています♥

 

そして、たまごはビタミンCと食物繊維以外がギュッと詰まった、スーパーフードだということを、声を大にして伝えていきたい!!
たまごを食べていれば、美容面でも健康面でも、大抵のことは良くなります(/・ω・)/

りょーこ

 

 

5 まとめ

 

いかがでしたか?

以上が、この『たまご美容師』をスタートさせた理由です。
食を見直したことで、見た目が変わった『たまご美容師』の知識を惜しみなく発信していきます。

私の経験が、身近なひとだけではなく、本当に必要としているひとに届きますように。

では、今宵はこのへんで。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥
+++おすすめ『平飼いたまご』ベスト3+++













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© たまごの教科書 , 2018 All Rights Reserved.