3388063
*相談窓口*

たまごは完全栄養食ースーパーフードー

クセ毛美容師

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

2人の購読者に加わりましょう

たまごはスーパーフード|美容師の手荒れは深刻!肌質改善にたまごを摂り入れよう!

りょーこ
WRITER
 
美容師の手荒れ







この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥

 

こんにちは♥たまご美容師です(@ryoocosato)

私は幸せなことに、長年美容師をしていながら、手荒れに悩んだことがありません。

手荒れはしませんが、ひざ裏や頭皮のかぶれ、浸出液に悩まされています。私は、ステロイドを使いたくないので、病院へは行かず、プロテインや、サプリメントなどを試行錯誤しながら摂り入れて、日々研究し、実践することでだいぶ改善されてきています。

そして、手荒れに苦しんでいる同僚や後輩を、たくさん見てきました。仕事中は手袋が必須で、水疱やかゆみに苦しみながらも、ステロイドやクリームをつけたり、就寝時の綿手袋をしたり、みんな試行錯誤してどうにかごまかしています。
これらを使いながら、うまく付き合っていければまだいいのですが、酷すぎると『何かの感染症なのではないか?』というほど悪化し、辞めていくひともいるほど、美容師の手荒れは深刻です。

そんな美容師さんたちに、私の知識が役に立てればと思います。

目次の内容をクリックすると、読みたい内容にスキップできます(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

1 美容師の手荒れの原因とは?

 

美容師の手荒れについて、書いてあるホームページはたくさん存在しています。しかし、正直なところ、本質的なことが書いていないページがほとんどです。

根本から、カラダの中から、ちゃんと体質改善したい方は是非読み進めてみてくださいね(/・ω・)/

 

①美容師の手荒れの原因|一般的に言われているのは『職業的な要素と生活習慣』

 

①シャンプーにより皮脂がなくなる
②カラーやパーマなどの薬剤により荒れる
③食生活の乱れ
④睡眠不足

などなど・・
いろいろな原因や要因が、ネット上に書かれていますね。
美容師という仕事柄、①のシャンプーや②の薬剤の影響がが大きいと思われがちです。
もちろん、これらが手荒れの引き金になっていることは間違いないでしょう。
でも、あくまでもシャンプーや薬剤は、引き金、キッカケなのです本当の原因は、もっと根本的なことなのです。

 

では、これらの生活習慣に当てはまった人の中で、手荒れをする人としないひとに分かれるのは、なぜでしょうか

たまご美容師りょーこ

サロンさんのやり方や方針で、シャンプーや薬剤を扱っていないところもあるでしょうが、ほんの一握りでしょう。ほとんどの美容師さんが、シャンプーや薬剤を使っていますよね。

そして、食生活が乱れ、寝不足な美容師さんはとても多いですね。

同じ仕事をしていて、同じような生活習慣・食生活を送っているのに、手が荒れてしまうひとと、荒れないひとの差とは一体・・!!!

是非、読み進めてみてください(/・ω・)/

 

②美容師の手荒れの原因|真の理由は『体質と食生活の乱れ』

 

結論から言うと、美容師の手荒れの最大の原因は以下の2つです。

①そのひとの体質(個体差)
②食習慣・生活習慣の乱れ

 

なぜ体質が原因なのか?

同じように薬剤を使っていても、同じように食生活が乱れていても睡眠不足でも、手荒れする人としない人がいるから。

何にも難しいことではありません。とってもシンプルな答えです。

 

病気もそうですよね。
食生活が乱れているのに、健康な人もいます。
食事に気を付け、規則正しい生活を心がけているにも関わらず、病気になってしまう方もいます。
そりゃそうなのです。ニンゲンも動物です。個体差があるのです

「あのひとは、すごく健康に気を付けているのに体が弱い」といったような批判を耳にすることもありますが、そうではなく、カラダが弱いにからこそ、人よりも危機感があるからこそ、健康系の情報には敏感になってしまうのです。

少し話がそれましたが、体質なんて言われてしまったらもう改善しないのでは・・?と悲観してしまうひともいるかもしれません。
でも大丈夫です。改善方法はあります

そして、体質の次に、大きな原因は食生活の乱れです。

なぜ、食生活の乱れが原因なのか?
素材(体質・肌質)が良くないのに、肌をつくる材料を粗悪なものを選ぶから
現在人の食事は加工品に頼り、添加物まつり・・。
そして、おにぎりやパンなどがメインのため、大きく糖質に偏っています。
添加物や糖質過多の食事は、腸内環境を荒らしますし、肌の材料となるたんぱく質がほとんど摂れません

 

カラダの素材である『食事』を疎かにしている偏食美容師さんはとても多いですが、一番の問題は、『偏食』という自覚がないということなのです。これは、もちろん、美容師に限った話ではありません。

世間一般的に偏食な人が多く、添加物・糖質過多な食事スタイルがマジョリティだから、気づけないのです。

たまご美容師りょーこ

 

このように体質と食生活の乱れが美容師の手荒れの二大原因だと言えます。詳しくは後述しますが、食事の中身を見直すことが大事です。

糖質を減らし、たんぱく質やビタミン・ミネラルをたっぷり摂ることがとっても大事です。食事から補いきれなければ、サプリメントを取り入れていきましょう。

特にたまごには、たんぱく質を筆頭に、肌に良いとされる栄養素がたくさん詰まっています。たまごは一番身近にあるスーパーフードなのです。

まず、食卓にたまごを取り入れていくことからおすすめします(/・ω・)/コスパ良いし!!!

 

2 旧・美容師の手荒れ対策|その場限りの対処療法ばかりだった!

 

ネットで検索すると、美容師向けの手荒れ対策のページは山ほど出てきますが、書いてある内容は対処療法ばかりで、似たり寄ったりのものばかりです。

例えば・・

①シャンプー前にクリームを塗る
②寝る前にクリームを塗る(手袋をする)
③ステロイドを塗る
④グローブを使ってなるべく水を避ける
⑤食生活に気を付ける
⑥睡眠不足を解消する
⑦ストレスをためない

などなど・・塗ってばっかり(笑)

このように、出回っている美容師の手荒れ対策は、塗るかカバーするかの対処療法ばかりです。正直言われなくても、みんなやってます!(笑)病院で、そう指導されますからね・・。

これ以上の情報がほとんど出てこないのが現状なんです・・。

例えば、食生活の乱れへの対策に関しても・・

①食生活を気を付けよう
②コンビニ弁当を控えよう
③カップラーメンを控えよう

など・・

そう、美容師は偏食が多い。それは分かった。
だから食生活を付けなきゃいけないのも、加工品を控えるのも分かった。

で、何をどう気を付けたらいいの・・(´・ω・`)?何が正解なの・・??という情報が、ほとんど出てこないのです。

 

3 新・美容師の手荒れ対策|真の方法は『食事改善!高たんぱく食!たまごを食べよう!!』

 

美容師の手荒れの原因は、体質食生活の乱れだと前述しました。

食事を改善することが、美容師の手荒れ対策の真の方法です。
食事改善と、体質改善(肌質改善)は表裏一体です。
食事を疎かにすると、手荒れや肌荒れは根本的に改善しないと思ってください

 

①真の手荒れ対策|スーパーフードの『たまご』を食べよう!!

 

食事改善の内容とは

①高たんぱく食にする(たまごやプロテイン)
②良質な脂質を摂る(オメガ3やバター)
③精製された糖質を控える(白砂糖や小麦粉)
④サプリメントを取り入れる(ビタミンABCDE、マグネシウム、鉄、亜鉛)

 

たまごは、高たんぱくであり、良質な脂質の宝庫であり、ビタミンCと食物繊維以外の栄養をがギュッと詰まったスーパーフードです(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

だから、まずは、たまごを食べるところから始めてほしいです。美髪や美髪には、たまご!!!
美肌にはビタミンCは必須アイテム!!水溶性で流れ出やすいので、こまめにサプリメントで補給しよー(/・ω・)/

 

②真の手荒れ対策|高たんぱく食にする(たまごもだけど、プロテイン)

 

肉・魚・たまごなどたんぱく質を多く摂るように気を付ける!
現代人の食事は大きく糖質に偏っています! 意識的して取り入れていかないと絶対に足りてないです!!

食事だけでは摂りきれないので、プロテインも取り入れましょう。

 

おすすめプロテイン3種盛り(/・ω・)/⇩

 

 

③真の手荒れ対策|良質な脂質を摂る(オメガ3やバターなど)

 

たまごにも良質な脂質『レシチン』が豊富に含まれています。美肌を保つにはとても大事な栄養素です!!

 

そして、たまご以外にお手軽に摂れる脂質だと、動物性のバターやギー、ラード、植物性だとココナッツオイル、MCTオイル、亜麻仁油などがとても良いです。

脂質というと太りそうなイメージがありますが、糖質と一緒に大量に摂らないように心がければ、怖くないです(/・ω・)/

油も脂など、コレステロールは『細胞膜』の材料です。要は、お肌の素材なのです!良質な脂質は、悪者ではないのです。避けることにより得られない恩恵がたくさんあるのです!!

オススメのグラスフェッドバター(/・ω・)/⇩

この2つのグラスフェッドバターが私は好き♥(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

オススメの亜麻仁油(/・ω・)/⇩

 

 

この亜麻仁油が私は好き♥(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

国産の亜麻仁油だと遮光瓶に入っていない亜麻仁油が主流です。
亜麻仁油は光や熱に弱く、酸化しやすい油です。
遮光瓶に入っていない商品は、偽物だと思っていただいてよいと思います。

 

 

④真の手荒れ対策|精製された糖質を控える(白砂糖や小麦粉)

 

特に精製された白いもの。
白砂糖・小麦粉を控える。

 

糖質は※糖化を引き起こし腸内環境を荒らし※リーキーガットを引き起こします。

※糖化‐カラダの中でたんぱく質と余分な糖が結びつき劣化する反応。
AGEs(糖化最終生成物)という老化物質ができる。

 

※リーキーガット‐腸漏れ症候群、腸管壁浸漏症候群ちょうかんへきしんろうしょうこうぐんともいう。
いわゆる腸漏れ。腸の粘膜に穴が開きアレルギーなどの原因になる。

 

④サプリメントを取り入れる。

 

食事で必要な栄養素を摂りきれれば良いのですが、なかなか必要量は摂りきれません。

手始めにビタミンABCDE、マグネシウム、鉄、亜鉛がおすすめです。

たんぱく質が足りていないとサプリの真の力は発揮しません。
まずは高たんぱく食を意識しましょう(/・ω・)/

 

たまごに唯一含まれていないビタミンC(/・ω・)/⇩

 

4 自炊をしない美容師さんへ|おすすめ!美肌コンビニご飯Best3!!

 

理想は、栄養たっぷりご飯を自炊することです!!でも、コンビニで買うなら!!!コレ!(/・ω・)/

 

1位・ゆでたまご(もしくは温玉)言わずもがな(/・ω・)/

2位・チーズ(たんぱく質と脂質が豊富)

3位・ミックスナッツ(ビタミン・ミネラル・たんぱく質が豊富)

 

一般的な食事スタイルに慣れている人からすると、ご飯というより、おやつですよね(笑)
でも、これがコンビニ美肌食です(/・ω・)/

食事改善の話をすると決まって言われるのが『食べれるものがない』です。
毎日、なんとなーく食事を選ぶよりも、肌にいいもの、カラダにいいものを意識して取り入れていくと、逆に食事が楽しめるようになるんですけどね・・

最初は意識的に食材を選ぶのですが、いずれ慣れてくると無意識に選び、習慣化するんです。

まずは、自炊が難しければコンビニ食からスタートしてみましょう!!!

 

4 まとめ

 

いかがでしたか?

睡眠不足やストレスは活性酸素をたくさん生むので、そこの改善も大事だと思いますが美容師という仕事柄、なかなか避けられないですね・・。

まずは食事から変えてみてはどうでしょうか・・?

残念ながら、せっかく病院へ行っても『美容師をやめないと治らない』と、言われてしまうことが多いのが現状です。そういう美容師さんが一人でも減りますように。

糖化やリーキーガットについてや脂質やビタミン・ミネラルの重要性も追って書いていきたいと思います(/・ω・)/

では、今宵はこのへんで。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クセ毛美容師 , 2018 All Rights Reserved.