3388063
*相談窓口*

クセ毛を生かす ヘアスタイルを提案する美容師のメディア*

クセ毛美容師

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

3人の購読者に加わりましょう

花粉症対策にはビタミンDが効果的?サプリを利用しつつプロテインを取り入れよう!

 
花粉症対策にはビタミンDが効果的?サプリを利用しつつプロテインを取り入れよう!







この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤りょうこ
横浜・桜木町エリアで「クセ毛美容師」をしています。 ふだんのお手入れやクセ・頭のかたち・髪質・生え方を見て、お客さまひとりひとりに合わせたヘアスタイルを提案しています。生かせるクセ毛はドライヤーのかけ方を"ちょっと工夫"するだけで、無理せずお洒落ヘアになります!トレンドを追ったヘアチェンジだけでなく"大人の身だしなみ"という価値観も大事にしています★生活スタイルに合わせたヘアデザインや、クセ毛を生かした「お客さま自身が再現性しやすいスタイル」が得意です。お気軽にご相談ください★|
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!!

横浜・桜木町エリアで、くせ毛美容師として活動している「佐藤りょうこ(@ryoocosato)」ともうします。

くせ毛専門美容師としての活動のほかに、美髪美肌のための食事改善のアドバイスも得意としています。
髪も肌も、爪もカラダは食べたものでつくられるのです

佐藤りょうこ

くせ毛美容師としての技術・知識に食事改善を+αでご提案をしています。
くせ毛と栄養のはなしがだいすきです。
ヘアスタイルの提案×食事改善で年齢特有の悩みを解決しています。
健康的なライフスタイルを目指しましょう*

 

くせ毛美容師佐藤りょうこへのお問い合わせ・ご予約はこちらから。

くせ毛美容師佐藤りょうこのプロフィールとこだわりはこちらから。

 

きょうは「花粉症」についてのおはなしです。

 

花粉症の方にとって辛い時期になりましたね・・。
わたしはハウスダストとダニのアレルギーが強く、スギも少々あります。

食事改善や、花粉などのアレルギーに適したサプリメントをとることで、だいぶ緩和されました!
ぜひ参考にしてください!!

 

花粉症とは?|わかりやすく説明します!

 

花粉症とは

アレルギー疾患の一種で花粉に含まれている抗原が目や鼻の粘膜にふれることで、
「花粉を異物」として攻撃する抗体がカラダのなかにできるためにおこります

 

花粉がとぶ時期やその種類は、地域によって異なります。
関東地方では2~4月にスギ、4~5月にヒノキ、6~8月にイネ、
8~10月にヨモギやブタクサなどの花粉が主にとぶと言われています。

 

花粉症を悪化させるNG習慣|食生活が特にたいせつ

 

アレルギー体質は遺伝すると言われていますが、食生活やストレス、睡眠不足、アルコールの摂りすぎなどもホルモンバランスが乱れ免疫力が低下し、花粉症が悪化するともいわれています。

 

①食生活の乱れにより、腸(最大の免疫器官)に穴があく

 

みだれた食生活の影響でおきる、リーキーガット症候群
聞きなれない言葉ですが、現代によくある食生活によっておこる症状です。

リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群ちょうかんへきしんろうしょうこうぐん)とは?

加工品(添加物)や精製された糖質、オメガ6などの過剰摂取で 腸の粘膜に穴が開き、
本当は排除されるはずの有害物質や毒素がカラダのなかに取り込まれてしまう状態のこと

※精製された糖質とは白米、小麦粉、白砂糖などのこと。

腸は免疫器官
そう言われている最大の理由は、腸の粘膜には小さな穴がたくさんあり、
カラダにとって必要な栄養素なのか、それとも有害で排除すべきなのかのしわけ作業をしてくれているからです。

これが正常に機能していれば問題ないのですが、リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)になってしまうと有害物質や毒素が体内に取り込まれていきアレルギーが悪化してしまいます。

 

腸に穴が開くって・・なかなか衝撃的ではないですか?
わたしはじめて知ったとき、にわかには信じられませんでした・・

佐藤りょうこ

 

②ビタミンD(別名・免疫調整ホルモン)不足

 

ビタミンDは食事などで摂るビタミン・ミネラルと違い体内で作られるホルモンのようなもの。
別名・免疫調整ホルモンといわれています。
そのほとんどが紫外線を浴びることで、皮膚などにあるコレステロールから作られます。

[keikou]過度な紫外線対策を行っている女性は特に、ビタミンD不足になりがちです。

冬場は日照不足で男女ともに不足しやすく、日常的にとりいれやすい食材は少ないのでサプリメントでのビタミンD(D3)補給がおすすめです。

 

サーファーに花粉症が少ないというエピソードもあります。面白いですね(^^♪

↑より理解を深めたいかたはこちらの本がおすすめです★

 

 

③睡眠不足

 

夜更かしの習慣がついてしまい睡眠不足になると、
自律神経がみだれ、免疫ホルモンのバランスをくずしやすくなり症状を悪化させてしまうことがあります。

自律神経って意識できるものではないのでおろそかにしがちなのですが、とっても大事です・・!!!!!!

暴食の原因でもあるのでよく寝ることで、ホルモンバランスがととのい改善されることもありますし、カラダや心の健康を保つうえでも、睡眠はとてもだいじなのです。

よく寝た日と、あまり寝なかった日の食欲で検証してみるとわかります。
女性は生理周期で食欲が左右されやすいので・・そこは自分のみぞ知る、ひび研究がだいじです。

 

理想は22時までの就寝、7時間程度の睡眠時間の確保ですがせめて0時までにお布団に入ることを目標にしましょう(自戒を込めて・・笑)

 

④ストレスやアルコールのとり過ぎ

 

ストレスをためると免疫力が下がります。

そのストレスを発散させるためにお酒(アルコール)を飲んでしまいがちですよね。
お酒は血管を拡張させてしまい鼻づまりや、目のかゆみ・充血などの症状を起こしやすくしてしまいます。

飲むときは深酒せず適量をこころがけましょう。

 

花粉症対策|たんぱく質・ビタミン・プロバイオティクスをとりいれる

 

①糖質を控えたんぱく質を積極的にとる

 

前述しましたが精製された糖質をとりすぎると腸内の環境は悪化します。
そしてたんぱく質不足により免疫細胞のはたらきがさがります。

 

精製された糖質を控え、たんぱく質を意識してとることが、花粉症対策で一番だいじなポイントです!

美肌美髪にもたんぱく質は欠かせません。

 

理想的なたんぱく質量

体重(kg)×1.5~2倍(g換算)の摂取が理想的です。
例えば・・体重60kgの方で90g~120g。たまごで例えると15個分~20個分。鶏もも肉で3~4枚分。

 

ね・・こんなに食べれないんです・・普通・・
そもそも現代人の食事は糖質におおきく偏っているので
ほとんどの方が必要量のたんぱく質をとれていません(/・ω・)/

佐藤りょうこ

 

そこで、わたしの一押しはプロテインをひびの食事にとりいれることです★

そして、オメガ6を過剰にとりぎると体内に炎症がおこり、アレルギーが促進されます。
良質な脂、オメガ3を積極的にとりましょう!

いわゆるアブラは、悪いものあつかいされがちです。
しかし、良いアブラはカラダの材料となるためとても大切な栄養素です。
ホルモンや細胞膜の材料になるので必要なのです。

 

たんぱく質オメガ3も同時に簡単に摂れる優秀なプロテインはこちら

 

②ナイアシンとビタミンDをサプリメントでとる

 

サプリメントはアメリカの個人輸入サイトiHerb(アイハーブ)で購入するのがおすすめです!
(私の紹介コード・PDR115 自由に使ってください★割引になります)

*ビタミンDはD3を! 少量から体調を見て。

*ナイアシン(ビタミンB群のうちのひとつ)はナイアシンフラッシュが起きるのでより慎重に。
フラッシュすることでアレルギー物質であるヒスタミンが放出されます。

十分なたんぱく質を摂ることが最優先で、それができた上で、ビタミンB-50(ビタミンB群50mgずつ含有)かビタミンB-100(ビタミンB群100mgずつ含有)から。

体が慣れてきたらナイアシンサプリ(まず100mg)を単品で増やしていきます。
(現在私はビタミンB-100×3・ナイアシン500mg×3/日)

一番好きなサプリメントでナイアシンフラッシュ大好きです。
(真っ赤かになってると・・そんな私に慣れた同僚たちに『ナイアシン飲んだでしょ?』といじられます)

でもほんとに人によっては1週間赤みが引かないこともあるので慎重に自己責任で(^^♪

初心者はフラッシュが起きない「ナイアシンアミド」からスタートすることをおすすめします。

 

③発酵食品やプロバイオティクスをサプリメントでとる

 

腸内環境が悪化すると免疫力が低下します。

 

納豆やヨーグルト(もちろん無糖)を積極的に取り入れ、必要であればプロバイオティクスなどのサプリメント がおすすめです。
こちらもアイハーブで売っています。

 

④自律神経をととのえる

 

自律神経がみだれると副交感神経が優位になり、アレルギーが促進されます。

だから、とにかく、寝る!!!!! これに尽きますよね・・
私は夜型人間なので、今後の大きな課題ですね(*´Д`)

 

横浜桜木町エリアで「クセ毛美容師佐藤りょうこ」として活動しています!

 

花粉症は遺伝、アレルギーは治らないと諦めがちですが、
ひびの生活スタイルを改善すると、症状が治まるかもしれません。

食事改善をすると、美髪美肌も期待できます。
わたし自身、糖質主体からたんぱく質主体の食生活に切り替えてから肌質がとてもよくなりました!

ふだんはクセ毛美容師として活動しているので、クセ毛美容師としての技術・知識食事改善を+αでご提案しています。

クセ毛栄養のはなしがだいすきです。
ヘアスタイルの提案×食事改善で年齢特有の悩みを解決しています。

健康的なライフスタイルを目指しましょう*

 

 

クセ毛美容師佐藤りょうこへのお問い合わせ・ご予約はこちらから。

クセ毛美容師佐藤りょうこのプロフィールとこだわりはこちら。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤りょうこ
横浜・桜木町エリアで「クセ毛美容師」をしています。 ふだんのお手入れやクセ・頭のかたち・髪質・生え方を見て、お客さまひとりひとりに合わせたヘアスタイルを提案しています。生かせるクセ毛はドライヤーのかけ方を"ちょっと工夫"するだけで、無理せずお洒落ヘアになります!トレンドを追ったヘアチェンジだけでなく"大人の身だしなみ"という価値観も大事にしています★生活スタイルに合わせたヘアデザインや、クセ毛を生かした「お客さま自身が再現性しやすいスタイル」が得意です。お気軽にご相談ください★|
詳しいプロフィールはこちら













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クセ毛美容師 , 2018 All Rights Reserved.