3388063
*相談窓口*

くせ毛を生かした「お洒落ヘア」を提案するメディア*

くせ毛特化美容師

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

3人の購読者に加わりましょう

クセ毛美容師「佐藤りょうこ」のクセ毛遍歴

 
クセ毛美容師佐藤りょうこのクセ毛遍歴







この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤りょうこ
横浜・桜木町エリアで「くせ毛特化美容師」をしています。 ふだんのお手入れやクセ・頭のかたち・髪質・生え方を見て、お客さまひとりひとりに合わせたヘアスタイルを提案しています。生かせるくせ毛はドライヤーのかけ方を"ちょっと工夫"するだけで、無理せずお洒落ヘアになります!トレンドを追ったヘアチェンジだけでなく"大人の身だしなみ"という価値観も大事にしています★生活スタイルに合わせたヘアデザインや、くせ毛を生かした「お客さま自身が再現性しやすいスタイル」が得意です。お気軽にご相談ください★|
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!!

横浜・桜木町エリアで、クセ毛を生かした”無理をしないお洒落ヘア”を提案している佐藤りょうこ(@ryoocosato2)です。

りょーこ

⇧お問い合わせ・ご予約はこちらから。

 

今では大すきなクセ毛ですが、10代~20代前半までは大っっきらいでした!(笑)

わたしのクセ毛遍歴まとめてみましたので、ぜひ読んでみてください★

 

 

クセ毛美容師「佐藤りょうこ」の歴史|クセ毛イヤイヤ期|思春期|10代

 

いまではクセ毛大すきなわたしですが、小中高生のころは自分のクセ毛が大きらいでした。

 

安室ちゃん世代なので、シャギーの入ったサラサラヘアーに憧れていました(笑)
こころの底から、ペタンコ頭になりたかったのです・・!!!

当時、友人のペタンコ頭が本当にうらやましくて、「そうなりたい」と言ったら、傷つけてしまったことがあります。

クセ毛のわたしからすると、イヤミでもなんでもなく、本当にそうおもっただけなのですが、
その経験から、コンプレックスはひとそれぞれなのだと学びました。

美容師になったいま、クセ毛だしハチは張っているし、カットだけではペタンコ頭にはなれないとわかります。

 

ついでに薄毛なわたし。
クセ毛で広がるのに、多毛だから広がると完全に思い込んでおりました・・
そう、当時10代だったわたしは、ヘアに関しては全くの無知だったのです。

クセ毛特化美容師

無知なわたしは「いっぱいすいてください」と、美容師さんにオーダーしてしまいます。
(薄毛なのに、クセで広がっているだけなのに、いっぱいすいてもらうとは・・一体・・)

そして「安室ちゃんみたいなシャギーヘアー(死語?死語自体が死語かもしれない・・)になりたい」と言い出すのです(笑)

しかし、「カットのみ」で、クセ毛のわたしを当時の安室ちゃんサラサラヘアにするには無理なのです。

土台の髪が、うねりのある超絶クセ毛
できるわけがないと、いまのわたしならわかります。

ペタンコ頭を実現させるには「縮毛矯正か、毎日アイロンでもしないかぎり無理」なのです。

そして、できないというその事実に、
10代の多感な思春期真っ盛りだったわたしは、かんたんに傷つきました(笑)

 

自分自身の頭のかたちや、クセ、髪質、生え方をちゃんとわかっていなかったし、
クセ毛では縮毛矯正をしないとシャギーになるはずもないのもわかっていなかったし、
お手入れもだいじさもわかっていなかったし、

理想のヘアスタイルになるためには、どれだけの工程が必要なのかわかっていなかったし、
向いているスタイル、向いていないスタイルなんて概念もなかったし、
とにかく、わからないことだらけの無知だったのです。

 

お洒落な美容師さんもこわかったし、伝え方も難しい・・
ヘアスタイルはいつも思い通りにならなかったので、美容院も大きらいでした。
だから、美容院がきらいなお客様の気持ちもよーーーーくわかります!!!!!

 

ヘアスタイルがなんだか決まらず、まとまらず、ボサボサになってしまうため、クセ毛がきらいでした。
ここまで振り返ってみて、なぜわたしはクセ毛がきらいだったのか・・具体的に細かく敗因を分析してみました。

 

敗因①|自分の特徴を知らなかったので「自分に向いた」オーダーができていなかった。

 

ハチが張っている。
そして、なんたっていつもボサボサなクセ毛ヘア

これは、ふくらむ要因が出そろっている状態ということです!

 

クセ毛はもちろんわかっていたけれど、ハチが張っていることにはまだ気づいていません
「ハチ」という言葉ももちろん知りません。

無知だったわたしはクセで広がるというよりは、多毛だから広がると完全に思い込んでいたのです。

わたしは、多毛ではありません。むしろとっても薄毛です(笑)

クセ毛美容師

そんな思い込みのため、美容室に行くたびに「たくさんすいてください」と言っていました。
だから、いつもなんだかまとまらない・・ボサボサなヘアスタイルが出来上がっていたのです。

 

佐藤の敗因①
  • クセ毛は自覚しているが、ハチが張っていることにはまだ気づいてなかった。
  • 薄毛なのに、多毛だから広がると思い込んでいた。
  • そのため、美容師にたくさんすくようにオーダーしていた。

 

佐藤の特徴
  • クセ毛(生えグセも有)
  • ハチが張っている
  • 薄毛。

 

わたしはクセ毛に特化した美容師なので、いまはわかります。
わたしのようなクセ毛で、闇雲にすいたらまとまらずに広がるのは当然のことなのです。

自分のクセ・骨格・髪質などの特徴を知らないと、「自分に向いた」適切なオーダーはできません
だから、まずは自分の頭の特徴を自分自身が理解するというのはとても大事なことです

適格なアドバイスをしてくれる美容師に出会えたら失敗も減ります。

だから、わたしは伝えています。
お客さま自身の特徴をちゃんとご本人に知ってほしいからです。

 

敗因②|ドライヤーを使わずに自然乾燥していた。

 

10代のころは、ドライヤーを使うことはほとんどありませんでした。
母が使わないので、それが当たり前だと思っていたのです。

闇雲にすいたボサボサクセ毛ヘアのわたし。
そして、ドライヤーを使う生活習慣もない

いま思えば、そりゃまとまらないよね・・という生活スタイルです(笑)

美容師となったいまは、ちゃんと乾かすことが毎日のルーティンになっています。
乾かし方にもコツがあり、ただドライヤーで乾かせばいいというわけではありません。

 

たまにお客さまからこうオーダーされます。

「なにもしなくてもまとまる感じにしてください」

答えからいうと、なにもせずにまとまる髪質と、まとまらない髪質があります。

肩につくくらいの長さでカットすると、たいていの方ははねてしまいますが、
髪質によっては「ストン」とまとまる方もいらっしゃいます。

なにもせずにまとまる髪質は、極論、どんな切り方をしてもまとまります(あくまで極論です)

 

クセ毛さんは、「髪がまとまりやすいカット」をした上で、
「髪がまとまりやすいように乾かす」ことがとってもだいじなのです!!

りょーこ

 

佐藤の敗因②
  • ドライヤーで乾かさない。

 

クセ毛美容師「佐藤りょうこ」の歴史|憧れのペタンコヘアでウキウキ期|縮毛矯正|20代前半

 

20代前半(美容師になりたてのアシスタント時代)も、
クセ毛がイヤでイヤでたまらなくて、先輩に2か月に1度縮毛矯正をかけてもらっていました。

 

かけたてはまっすぐになるので、とてもあつかいやすく仕上がります。
でも、伸びてきたときの「根元のクセ毛」「縮毛矯正毛」の境目が気になるのです。
かけたことがある方はわかるかと思いますが、頭が四角くなってゆくのです。

いまみたいに「自然な縮毛」なんて、まだない時代。

 

縮毛矯正をかけるスパンが短すぎて、痛むしチリチリになるリスクもあがるし、先輩にイヤがられる始末でした(笑)
それでもお願いしてどうにかかけてもらっていました。
カラーもしていたし、実際とてもチリチリしていました・・。

 

クセ毛より、チリチリ毛のほうがマシとさえおもっていた勘違い時代!!
(未だにそういうお客さまに遭遇しますが、気持ちわかりますが・・わかった上で止めます!!)

 

そんなある日、唐突にもう縮毛をやめる!!!と思い立ったのです。
もうなによりも、ダメージによる髪の毛のあつかいにくさと決別したかったのです・・!!!

 

そして、気が付いたのです。

 

このときのわたしは自然なクセ毛がきらいなのではなく、
縮毛矯正をかけることでクセ毛がよりきらいになっていたのだと。

 

縮毛矯正をかけるからこそ、余計に伸びてきたクセ毛と、縮毛矯正毛との差が気になってしまっていたのだと!

 

伸びてきたときの根元がイヤ!!
伸びきたクセ毛&ハチのせいで頭が四角くなることがイヤなのだと!!!!!

 

そして、突然ぱったりと縮毛矯正をかけたくなくなったわたしは、
ロングヘアだった髪をすこしずつ切りながらクセ毛に戻していきました。

 

そのころのわたしは、10代だったあのころとは違います。
まだペーペーではありましたが、美容師というスキルを多少なりとも兼ね備えはじめていたころです。

クセ毛を生かせる自分になっていたのです。

 

クセ毛を生かす美容師に行き着いたのは自分の経験から

 

ある程度の年を重ねてくると、髪をまっすぐにすることに固執しなくなりました。
ボリュームがほしくなり、クセ毛を生かすようになりました。

特にショートヘアだと丸いフォルムがあったほうが頭の形もよく見えるし、
年齢とともに気になるボリュームのなさなどがカバーできます。

この気持ち、アラフォー世代の方ならわかるのではないでしょうか?

自らの経験から「クセ毛を生かす美容師」として活動しはじめました。

クセを生かすと若く見えます。
分け目の取り方で、頭のかたちもよく見えるようになります。

ほんのちょっとのかんたんな「コツ」で、実現します。

もちろん「ベースのカット」もとても大事なので、ぜひ一度担当させてください!!

 

 

クセ毛のカットが得意なのですが、
食事と髪型で若く見える、ライフスタイルも提案しています!!

 

そんなブログも書いていますので、よろしくお願いいたします。

 

⇧お問い合わせ・ご予約はこちらから。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
佐藤りょうこ
横浜・桜木町エリアで「くせ毛特化美容師」をしています。 ふだんのお手入れやクセ・頭のかたち・髪質・生え方を見て、お客さまひとりひとりに合わせたヘアスタイルを提案しています。生かせるくせ毛はドライヤーのかけ方を"ちょっと工夫"するだけで、無理せずお洒落ヘアになります!トレンドを追ったヘアチェンジだけでなく"大人の身だしなみ"という価値観も大事にしています★生活スタイルに合わせたヘアデザインや、くせ毛を生かした「お客さま自身が再現性しやすいスタイル」が得意です。お気軽にご相談ください★|
詳しいプロフィールはこちら













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© くせ毛特化美容師 , 2019 All Rights Reserved.