3388063
*相談窓口*

たまごは完全栄養食ースーパーフードー

クセ毛美容師

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

2人の購読者に加わりましょう

肌サビって?シミやシワと無縁の透明感のある肌を保つ3つの秘訣★

りょーこ
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥

 

こんにちは♥たまご美容師です(@ryoocosato)

 

肌サビって聞いたことありますか?鉄などの金属のように・・実は肌もサビるのです。環境や生活習慣、加齢などによってカラダは錆び、シミやシワ、くすみやたるみの一因となります。

酸化(=サビ)した肌は傷つくことでコラーゲンをうまくつくれなかったり、肌のターンオーバーがうまくいかなくなったりと悪影響がでてきます。

いくつになっても、女性は肌の透明感を保ちたいですよね♥今日は肌サビ(肌の酸化)ケアについて書いていきたいと思います。

 

 

1 肌サビとは?

 

酸化することで鉄がサビたり、リンゴが茶色くなる現象がありますよね。あれも酸化ですが、肌がサビる=肌の酸化(老化)なのです。

肌をサビさせる大きな原因は活性酸素です。

 

活性酸素とは

簡単に言うと不安定な酸素のことです。酸素が変性して攻撃的になった悪玉酸素のこと。

酸素が少しだけカタチを変えることで、強い酸化力を持ってしまいます 。

肌だけでなく、カラダ全体を酸化(=サビ)させます。

 

 

2 そもそも肌サビって何がいけないの?

 

肌がサビると、メラニン色素が増え、肌のハリや弾力を司るコラーゲンが少なくなり、シミやシワ、くすみやたるみ、肌荒れなどの肌トラブルが起こるのです。

 

①シワやたるみの原因に

 

肌のハリや弾力に必要なのがコラーゲンです。コラーゲンは加齢とともに減少し、40歳を過ぎると半分まで減少します。

活性酸素が原因でコラーゲンの生成がスムーズにいかなくなり、シミやシワの原因になります。

 

②シミの原因に

 

適度な活性酸素はウイルスや細菌などを攻撃してくれますが、過剰に発生してしまうとメラニンの生成を促進し、シミの原因になります。

 

白髪の場合は、過剰な活性酸が原因でメラニンが作られなくなるので、体内でどうにか帳尻を合わせてどうにかならないんですかね?(笑)

え、だめ?(/・ω・)/

たまご美容師りょーこ

 

 

③吹き出物や肌荒れの原因に

 

過剰に活性酸素が増えてしまうと、細胞の新陳代謝に悪影響が出ます。そうすると肌のターンオーバー機能がうまく働かなくなり、古い角質が肌の表面にたまり、肌代謝が滞り肌が荒れやすくなります。

 

3 酸化防止のおすすめケア3つ!

 

あまりに活性酸素が増え過ぎてしまうと、抗酸化酵素が足りずに防ぎ切れませんし、加齢に伴って抗酸化酵素の働きは弱くなります。

ですので、なるべく悪玉の活性酸素が発生しにくい生活スタイルを送ること、抗酸化力の強いものを取り入れることが大事です。

 

①活性酸素を除去する生活スタイル

 

喫煙や過度な飲酒を控える

たばこなどの有害物質や過度な飲酒は活性酸素を発生させます。また、たばこの煙自体にも、活性酸素が含まれているので吸っている本人だけへの影響ではないのですね。

 

ストレス

強いストレスを感じると、人間の体内にはホルモンが分泌されます。このホルモンを分泌したり、分解したりする過程でも活性酸素が発生します。

 

紫外線

紫外線でも活性酸素が発生します。そして体内にあるまだ弱い活性酸素を刺激して、さらに強力なものへ変化させたりもします。
しかし、過剰に紫外線を避けた生活を送ると、ビタミンD不足にもなるので、冬場は適度に日にあたりましょう。

 

添加物

多くの加工品や調味料などにに含まれている食品添加物は、肝臓で分解されますが、解毒していく過程で、活性酸素が発生します。
肝臓はアンチエイジングやデトックスにも関わる、とても大事な臓器です。

 

②食生活の改善

 

一番大事なことは、加工品や食品添加物の少ない食事を心がけることです!そして、なるべく抗酸化力のある食材を取り入れること。

活性酸素による酸化の働きは、もともと体内にある抗酸化酵素の働きで防ぐことができますが、加齢に伴い減少してしまいます。

 

以下の食材を積極的に摂っていきましょう(/・ω・)/

 

ベータカロチン ⇨モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜類に
ビタミンC ⇨ブロッコリー、小松菜、ピーマン などの果物類や野菜類
ビタミンE ⇨ アーモンド、ナッツ、ごま などの種実類

③サプリメントを取り入れる

 

なかなか必要な量は食事では摂りきれません!

個人輸入サイトのアイハーブがおすすめです。アメリカのサイトですが、安心してお買い物できますよ♥

コチラです⇨ iHerb

 

4 まとめ

 

いかがでしたか?
肌の老化は錆びることだけではなく、糖化も大きく関係してきます。糖化についてはまた書きますね(/・ω・)/

では、今宵はこのへんで。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© クセ毛美容師 , 2018 All Rights Reserved.