3388063
*相談窓口*

たまごは完全栄養食ースーパーフードー

たまごの教科書

*たまご美容師を購読*

*たまご美容師の更新をmailで受信*

1人の購読者に加わりましょう

たまごの栄養素はたんぱく質だけじゃない!|美容にはセレン編*ビタミンEの何倍もの抗酸化力!

りょーこ
WRITER
 
【たまごの栄養素|セレン編】ビタミンEの50~100倍もの抗酸化力!美髪・美肌に!







この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥

 

こんにちは♥たまご美容師です(@ryoocosato)

 

たまごはビタミンCと食物繊維以外が詰まったスーパーフードです
聞き慣れないひとも多いかと思いますが、今日はたまごに含まれる栄養素のひとつ『セレン』のお話です。セレンは、抗酸化ビタミンとして代表的なビタミンCやビタミンEとともに酸化に抗う栄養素。美髪や美髪に欠かせません。

今日は、セレン(セレニウム)の効果・効能について語ります。

 

目次の内容をクリックすると、読みたい内容にスキップできます(/・ω・)/

りょーこ

 

1 セレン(セレニウム)|生命維持に欠かせない必須元素&優れた抗酸化力をもったミネラル!

 

①セレン(セレニウム)とは*欠乏すると生命維持に支障をきたす必須微量元素!

 

セレン(セレニウム)とは
ニンゲンの生命維持に欠かせない元素を必須元素と言います

必要量はほんの僅かだけど、欠乏すると生命維持・発育・生殖に支障をきたすもの。それが『必須微量元素』です
セレン(セレニウム)はそのひとつです。

 

②セレン(セレニウム)の大きな役割*ビタミンEの50~100倍もの抗酸化作用!

 

セレン(セレニウム)は、カラダを酸化させてしまう活性酸素を積極的に除去(抗酸化作用)します。抗酸化ビタミンの代表であるビタミンEの50~100倍もの強い抗酸化作用を持つと言われています。ビタミンEもセレンも、抗酸化物質なので酸化による組織の劣化や硬化を予防し、老化を遅らせます。

 

ビタミンEとセレンは共に働く性質があるので、それぞれを単独で摂るよりも、一緒に摂取したほうがより効果を発揮します(/・ω・)/

りょーこ

 

2 セレン(セレニウム)の働き|美髪・美肌に*強力な抗酸化力*

 

①抗酸化作用*酸化の元である『活性酸素』を『無害な水』と『酸素』に分解する!

 

セレンはビタミンEと連携して、活性酸素によって酸化した油(過酸化脂質)を還元したり、カラダを酸化から守るため、亜鉛やビタミンEとともに、カラダの抗酸化作用に重要な役割を果たしています

カラダを酸化させてしまう『活性酸素』に対抗することを『抗酸化(酸化に抗うこと)』と言います

酸化=劣化(老化)です!詳しくはこちらを見てみてくださいね(/・ω・)/⇩

 

つまり、ビタミンEや亜鉛、セレンによる抗酸化作用には、髪(毛母細胞)や肌、血管、筋肉などの老化を遅らせる効果があります(/・ω・)/

りょーこ

そして、セレンには活性酸素に『対抗』するだけでなく『分解』する役割もあります!!

 

セレンは亜鉛と同様に、グルタチオンペルオキシダーゼを作る栄養素です。
このグルタチオンペルオキシダーゼは、白髪の原因となる過酸化水素(活性酸素)を『無害な水』と『酸素』に分解します

 

※過酸化水素とは『活性酸素』のひとつ。カラダを『酸化(劣化)』させてしまう物質です

 

こんな有毒な物質(過酸化水素)を分解して、無害なものに変えてしまうって・・、かなり凄くないですか・・?セレンって・・(*´Д`)

りょーこ

 

※過酸化水素は、残念ながらカラー剤に含まれています。『白髪染め』自体が『白髪の原因のひとつ』なのです。

詳しくはこちらへどうぞ(/・ω・)/⇩

 

②抗酸化作用*老化の元『過酸化脂質』を分解して無害化する!

 

セレンは、抗酸化作用による老化防止のほかに、白髪や抜け毛などの原因となる『過酸化脂質』を分解するという働きがあります。

加齢とともに起きる抜け毛や脱毛は、男性ホルモンが優位な場合や、遺伝・ストレスが原因というのが通例でしたが、昨今は、栄養不足(現代版の栄養失調)による原因もあるのではないか?という見方も増えてきています

 

過酸化脂質とは?

『コレステロールや中性脂肪』や『頭皮の皮脂』、『食品の油(油脂)』にも起こる、活性酸素の作用で『アブラが酸化した状態』を言います
過酸化脂質は極めて毒性が強く、連鎖的に細胞を破壊したり、異常細胞を形成したりして細胞の死を早めます。

 

現代版の栄養失調とは?

現代人の食事は、大きく糖質に偏りすぎていて、カロリー過多×質的な栄養不足が深刻です
美髪や美肌に必要なたんぱく質やビタミン・ミネラルが、圧倒的に不足しています。
糖質はエネルギーにはなりますが、髪や肌、爪、筋肉や臓器、骨などのカラダの素材にはなりません
無自覚に『栄養失調』なひとが多いのです。

 

糖質過多✖カロリー過多✖栄養失調

血液中の過酸化脂質も増えることにより、頭皮の血液の循環が悪くなり、頭部の新陳代謝が衰え、老化を早めて毛髪の再生を遅らせて、抜け毛や脱毛、髪にハリコシがなくなってしまうというトラブルを起こします。

これは、血液中の過酸化脂質が増えて頭皮が老化するからです。血液中だけでなく、頭皮の皮脂が酸化すると、内からも外からも、ダブルで過酸化脂質の害を受けてしまいます

しかし、セレン(セレニウム)は自らが活性酸素と結びつくことによって、過酸化脂質の生成を防いで、細胞を酸化から守ります。
ビタミンEの働きと共通するところがあると、前述しましたが、セレンの抗酸化作用により、発生してしまった過酸化脂質は分解し無害化し、頭皮の老化を予防します

 

加工品に頼った食生活をしていると、知らず知らずのうちに酸化した粗悪な油(過酸化脂質)を摂っています・・(*´Д`)。
そして、コレステロールや中性脂肪、頭皮の皮脂が酸化することで、カラダの中でも過酸化脂質が発生します・・。

『口から』過酸化脂質を摂らないこと、『カラダの中』で過酸化脂質を発生させないことが大事です(/・ω・)/

りょーこ

 

 

②デトックス効果*水銀などの有害ミネラルを体外に排出する!

 

その他にも、セレン(セレニウム)は、カラダの中の有害ミネラル(水銀など)を体外に排出させるデトックス効果や、健康面でもたくさんの恩恵を得られる栄養素です。
カラダに蓄積した重金属や、有害ミネラルのデトックスには、セレンなどの必須ミネラルを摂取が必要です。

しかし、ミネラルの中にも良いミネラル 悪いミネラルがあります。

日本は島国なので魚の摂取量が多いです。
特にマグロやなどの大型の魚介類、またキンメダイなどの近海魚は、水銀の含有量が多く、同じ魚でも大型魚ほど体内濃度が高くなると言われています。

それは、プランクトン→小魚→中型の魚→大型の魚と食物連鎖を繰り返すごとに、どんどん濃縮されていくからです。その食物連鎖の頂点に立つ人間にとって、摂取は避けては通れません。

魚介類は大事なたんぱく源であり、DPAやEPAといった良質な脂質である不和脂肪酸を多く含んでいるので、食べないという選択はもったいなすぎる(/・ω・)/

りょーこ

魚を食卓に摂り入れながらも、有害ミネラルを排出することが最良の選択だと思います。

 

3 まとめ

 

いかがでしたか?

こうやって見ると、髪にいいものは肌にもいいとわかりますよね。
白髪や抜け毛などの頭皮トラブルを解消&シワやたるみの改善には抗酸化は必須です!!
活性酸素をなるべく生まない生活や食習慣を心がけることが、いつまでも若々しく言われる秘訣でもあるのです(/・ω・)/

たまごは、ビタミンCと食物繊維以外が含まれているスーパーフード。是非、毎日の食卓に摂り入れていきたいですね♥

では、今宵はこのへんで。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
りょーこ
巷にはいわゆる「スーパーフード」が溢れていますが、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素がギュッと詰まった「たまごこそが、本物のスーパーフード!!!」 髪も肌も、爪も、カラダはたんぱく質で出来ています。 コスパ最高な上に、たんぱく質と良質な脂質の「レシチン」が豊富! 私は1日6個、年間2190個ものたまごを食べています♥
+++おすすめ『平飼いたまご』ベスト3+++













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© たまごの教科書 , 2018 All Rights Reserved.